VANDY VAPE

【VandyVape】Berserker V1.5 MTL RTAをレビュー!かなり美味しいアトマイザー

投稿日:2019年1月29日 更新日:

VandyVape V1.5 MTL RTA アイキャッチ

 

こんにちは、スッキーです。

VandyVape(バンディべイプ)Berserker(バーサーカー) V1.5 MTL RTAをレビューします。

大人気シリーズ Berserker MTL RTA の弱点を克服した V1.5 MTL RTAは、前作の弱点でもあった液漏れを、特殊構造(GTA)を採用したことで克服し対策されています。

またエアフローリングを回すことで1.0mm~1.8mmまで0.2mm間隔で5段階のタイトなMTLを実現。

癖のあったデザインから、よりシンプルなデザインへと生まれ変わった V1.5 MTL RTA。

さっそく、レビューしていきます。

 

VandyVape(バンディべイプ)Berserker V1.5 MTL RTA(バーサーカー・バージョン1.5  )

VandyVape V1.5 MTL RTAパッケージ

ザッ!VandyVape(バンディべイプ)って感じのパッケージ。製品が見える窓付きです。

Berserker V1.5 MTL RTAは、有名な YouTuber Alex VapersMDさんとのコラボ製品になります。

VandyVape V1.5 MTL RTAパッケージを開封

パッケージは、内箱をスライドさせて開封します。

VandyVape V1.5 MTL RTAの中身

開封するとBerserker V1.5 MTL RTA本体、金属スリーブ、ドリップチップが入っています。

その他、付属品はこの下に入っています。

その付属品がこちらです。

付属品

VandyVape V1.5 MTL RTA 付属品

Berserker V1.5 MTL RTA 本体
メタルチューブ 3ml
510ドリップチップ
予備パーツ(Oリング、ネジ)
プレビルド クランプトンコイル(30ga*2+38ga) 0.7Ω
マイナスドライバー
ユーザーマニュアル(英語)

スペック

直径24mm
全長32mm(DT、接続部含まず)
リキッド容量2.5ml(ガラスチューブ)/3ml(メタルチューブ)
ネジタイプ(スレッド)510
リキッドチャージトップフィル
ドリップチップ510DT
デッキ(ビルドタイプ)シングル
エアフローボトムエアフロー
材質ステンレススチール

 

Berserker V1.5 MTL RTAの詳細

VandyVape V1.5 MTL RTA本体

こちらが、Berserker V1.5 MTL RTA本体になります。

癖があった前作のデザインと比較すると、ロゴが無くなり、かなりシンプルな見た目になっています。

シンプルになって、スタイリッシュでカッコいい!

分解

VandyVape V1.5 MTL RTA この状態でもリキッドチャージ可能

ざっくり分解するとこのように分かれます。

ガラスチューブとメタルチューブを交換することができます。

ドリップチップ

VandyVape V1.5 MTL RTA 各種ドリップチップ

金属ベースのドリップチップは、先端を交換することが可能です。ウルテムと樹脂のような素材。

また金属ベースには、放熱のフィンが設けられていて冷却効果もあります。ヒートシンクみたいな感じかな?

なのでコイルで発生した熱を、唇に伝えない構造になっています。

VandyVape V1.5 MTL RTA ドリップチップ上面

黒い樹脂製のドリップチップは、金属ドリップチップより内径が大きいです。

好みによって使い分けれますね!

VandyVape V1.5 MTL RTA ドリップチップ裏

ドリップチップ裏は、しっかりとテーパー処理されています。

金属ベースのほうは、テーパー処理が大きいので、ミストが上がりやすそう。

VandyVape V1.5 MTL RTA 吸い口を付属品と比較

金属ベースのドリップチップは、先端の吸い口を交換することが可能です。お好みでどうぞ!

タンク

VandyVape V1.5 MTL RTAトップフィル

リキッドチャージは、トップフィル式です。

トップキャップを回して外すと、大きなチャージホールが開いています。

これならスポイトタイプのリキッドも注ぎやすいですよ!

チャージホールが2つある理由は、片方から空気を逃がすための構造になっています。

VandyVape V1.5 MTL RTA スリーブ

ガラスチューブとメタルチューブが付属しています。

VandyVape V1.5 MTL RTAスリーブ交換

メタルチューブに交換すると、見た目がガラっと変わりますよ。

前作ではドクロのようなロゴだったかな?付属のメタルチューブは、BSKRと略されたロゴ、ぼくは好きです(笑)

VandyVape V1.5 MTL RTAチャンバー内

チャンバーからチムニーに至る部分が、絵に描いたようなドーム型です。

キレイなドーム型なので、絞られたチムニーから凝縮されたミストの味を楽しめそうです。ってチムニー写ってないじゃん!すいません(汗)

でもさぁ~なぁ~。おいしいんだろ? V1.5 MTL RTAちゃん(笑)

エアフロー

VandyVape V1.5 MTL RTA エアフロー調整位置

コイル下から空気を供給する、ボトムエアフローを採用しています。

VandyVape V1.5 MTL RTA デッキからエアフローリングを外した

エアフローリングを回して調整する。1.0mm~1.8mmの0.2mm間隔で5段階の調整が可能です。もちろんエアフローリングは取り外しが可能です。

デッキ

VandyVape V1.5 MTL RTA デッキ

シングルコイル前提のデッキです。

デッキ内のエアホールは長穴になっています。これにより多少大きなサイズのコイルでも対応できますね。

コットンホールも大きくなったようで、イガりにくくなっているだとか。

VandyVape V1.5 MTL RTA デッキ裏

デッキ裏には、色々なロゴがプリントされています。

VandyVape V1.5 MTL RTA デッキのポールはコイルレッグ逃げ防止

クランプ部分は、コイル足が逃げないように溝が深くなっています。

コイルビルドを簡単にするような、工夫もされていますね。

 

ビルドします

VandyVape V1.5 MTL RTA コイルビルド

付属のコイルでビルドしてみました。

このデッキは、ネジを外すことなくポールの隙間に、コイルを通すだけなのでビルドが簡単です。

コイル足をちょっと曲げてネジを締めてください。

VandyVape V1.5 MTL RTA コイル位置確認

コイル位置は、エアホールにちょっと近づけてこんな感じです。まぁ~まぁ~ボヤけて、すいません(2回目)

VandyVape V1.5 MTL RTA ウィッキング

ウィッキングはこんな感じで、タンク底のリキッドを吸ってもらうように長めにカット。

 

MODに付けてみました

 

Berserker V1.5 MTL RTA 吸ってみます

スゥ~っと。

おぉーーーーーーーーーっ!!!うまい!!

かなり味が出ています。このアトマイザーっ。マジで、おいしい!

凝縮されたミストが、口の中に広がります。RTAアトマイザーの中で、かなりいい感じですよ!

ぼくの中では「HASTUR MTL RTA mini 」と張るくらい味がいい。

まぁ~チャンバーからチムニーにかけての形状を見たら、おいしい味が楽しめる!と思っていましたが、確信に変わりました!

ただ直径が24mmになってしまったことで、吉と出るか凶と出るか(汗)

問題はそこだけですかね。

味については間違いないです!!

 

まとめ

シンプルなデザインで魅了するV1.5 MTL RTA。

タイトドローで味については間違いないです!めっちゃおいしい。ただ直径24mmがどう出るか?

ぼくは思います。最近のRTAの中なら、ちょーおすすめだと!

めっちゃおいしい味が楽しめる「Berserker V1.5 MTL RTA」気になる方は試してみてくださいね!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

-VANDY VAPE
-

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.