【冬限定】glo Hyper+ ウィンター・エディション 先行レビュー!アーティストコラボモデル第1弾2月7日発売

今冬限定モデル グローハイパープラス ウィンターエディション

こんにちは、スッキーです。

BATJの加熱式タバコ glo Hyper+ (グロー・ハイパー・プラス)にアーティストコラボモデルが新登場!

シリーズ第1弾はスノーボードシーンで活躍する2人の気鋭アーティストが手掛けた今冬限定デザイン「ウィンター・エディション」となっています。

ウィンターエディションは「ブラック」と「ブルー」の2色展開。

実機を手に入れたのでレビューしていきたいと思います。

さっそく、詳細をまとめますね。

 

今冬限定デザイン!グローハイパープラス「ウィンター・エディション」とは?

グローハイパープラス ウィンターエディションの詳細

グローハイパープラスのウィンターエディションは「冒険心をブースト」をコンセプトとした今冬限定モデルです。

アーティスト・コラボレーション・シリーズとして登場しました。

記念すべき第1弾は、世界的なボードビルダーでありスノーボードのデザインも手掛けるTappy(吉川拓哉)氏と、元スノーボーダーで現在は世界的なデジタルアーティストとして活躍しているKazuhiro Aihara(相原一博)氏の2人がデザインを手掛けた限定モデル。

より自分らしいデバイスのデザインを楽しみたいという、お客様の声にお応えした加熱式タバコとなっており、冬にピッタリなデザインに仕上がったそうです。

Tappy氏が手掛けた「グロー・ハイパー・プラス・ウィンター・エディション・ブラック」は、黄色と青を前面に押し出したデザインでスノーボードの冒険心をイメージされたとのこと。

Kazuhiro Aihara氏が手掛けた「グロー・ハイパー・プラス・ウィンター・エディション・ブルー」は、ゲレンデ、雪、青空をモチーフにした青と白を基調としたデザインでスノーボードのフリースタイルを表現されたみたいですね。

 

グローハイパープラス・ウィンター・エディション 実機レビュー!ブラック、ブルー2色のカラバリを解説

今冬限定モデル グローハイパープラス ウィンターエディション 実機レビュー

グローシリーズでは久しぶりとなる冬限定モデル「ウィンター・エディション」、アーティスト2人が手掛けたデザインに注目したいと思う。

今冬限定モデル グローハイパープラス ウィンターエディションの付属品

付属品

  • ウィンターエディション 本体
  • クリーニングブラシ
  • USBタイプCケーブル
  • ユーザーマニュアル

ACアダプタは付属していません。

今冬限定モデル グローハイパープラス ウィンターエディションのデザイン

今回発売となるglo Hyper+ Winter Edition(グロー・ハイパー・プラス・ウィンター・エディション)のカラバリは2色展開となります。

左はTappy氏が手掛けた「ブラック」、右はKazuhiro Aihara氏が手掛けた「ブルー」となっており、サイドパネルが個性的なデザインになっています。

今冬限定モデル グローハイパープラス ウィンターエディション上部

本体上部のスライドカバーはサイドパネルに合わせたカラーリングで爽やかな印象です。

スノーボードシーンで活躍されるお二人が手掛けたデバイスなので、冬にふさわしいカラーデザインですね。

今冬限定モデル グローハイパープラス ウィンターエディションにはサインが入ってる

アーティストとのコラボモデルということもあり「glo×〇〇〇」という形でお二人のサインがデザインされていました。

 

glo Hyper+ Winter Edition Black(グロー・ハイパー・プラス・ウィンター・エディション・ブラック)

今冬限定モデル グローハイパープラス ウィンターエディション ブラックの詳細

こちらは、Tappy氏が手掛けるアートワークをあしらった、グローハイパープラス・ウィンター・ディション・ブラックです。

ボディはシックなブラック、サイドパネルはマーブル模様のようなデザインとなっており、黄色と青を前面に押し出したデザインを採用し、スノーボードの冒険心をイメージされたそうです。

引き込まれるようなデザインだし、ブラックを明るく照らしてくれる。新しいことにチャレンジできそうな雰囲気が漂うデザインだと思う。

サイドパネルは明るく感じられますが、全体的に見ると落ち着いた色合いなので個人的に好きなカラーです。

 

glo Hyper+ Winter Edition Blue(グロー・ハイパー・プラス・ウィンター・エディション・ブルー)

今冬限定モデル グローハイパープラス ウィンターエディション ブルーの詳細

こちらは、Kazuhiro Aihara氏が手掛けるアートワークをあしらった、グローハイパープラス・ウィンター・ディション・ブルーです。

ボディはメタリックブルー、サイドパネルは涼しげな印象でゲレンデ、雪、青空をモチーフにした青と白を基調としたデザインを採用し、スノーボードのフリースタイルを表現されたそうです。

イメージ通りというか、パッと見ただけでもゲレンデの雪景色を想像できるので、さすがだと思う。

相性抜群な配色で冬にピッタリなデバイスだと思います。

 

冬限定モデル!ウィンター・エディションの発売日・値段・販売店舗

発売日:2022年2月7日(月)より順次販売開始

価格:1,980円(税込)

販売店舗:全国のgloストア、glo & VELOオフィシャルオンラインショップ

数量限定販売となっており、コンビニエンスストアでの販売はありません。

 

ウィンターエディション購入で豪華景品が当たるキャンペーンも開催

グローハイパープラス ウィンターエディション購入で景品が当たる?

グローハイパープラス・ウィンター・エディションを購入いただいた方の中から抽選で豪華景品が当たるそうです。

景品

  • AXE AX800-SPC VI
  • Garmin(Venu Sq Music Black/Rose Gold)
  • HACRAY POMi Pocket Gimbal

AXE AX800-SPC VIは、紫外線量に合わせてレンズの濃さが変化する調光シングルレンズを採用したスノーゴーグル、Garminはスマートウォッチ、HACRAY POMi Pocket Gimbalは3軸のメカニカルジンバルを採用したコンパクトなハンドヘルドカメラ。ウィンタースポーツにピッタリな景品だと思います。

 

まとめ

グローハイパープラスから冬限定モデル「ウィンターエディション」が発売!

カラバリ豊富なグローシリーズから、次から次へと新色が登場してきますね。

より自分らしいデバイスのデザインをお楽しみください。

では、また。

 




×