ミニプルブースト レビュー|プルームテックより強いキック感を楽しめる互換アトマイザー

ミニプルブースト アイキャッチ

こんにちは、スッキーです。

純正プルームテックでは物足りない「吸いごたえ」をアップさせる『ミニプルブースト(互換アトマイザー)』がベプログさんから発売されました。

互換アトマイザーと言えば、コイル交換可能なJOINT TECH LIGHTSなどを使用していましたが、現在はプルームテック・プラスが発売されたので、個人的には、もう必要ないんじゃない?と思っています。

でも、気になるんですよ。

プルームテックの吸いごたえアップ!って聞くと(笑)

そんなこんなで購入したミニプルブーストをレビューします。

 

吸いごたえ抜群!ミニプルブーストとは?

小分け包装されたミニプルブーストが登場。

ちなみに、パッケージは白い紙箱(無地)でした。

今回はミニプルブースト3本セットを購入。

こちらがミニプルブースト本体です。

シリコンカバーを取り外してから使用しましょう。

まず、ミニプルブーストは、普通の互換アトマイザーと比べ短いことに驚きました。

左が一般的な互換アトマイザー、右がミニプルブーストです。

名前通りミニですね。

全長を短くしたことで、さらに持ち運びが快適になっています。コンパクトは正義。

ミニプルブースト底部は、ネジ式になっていて、アトマイザー本体とコイル部分を取り外すことが可能です。

コイル部分はこんな感じです。

コットンは、国産のオーガニックコットンが使用されています。

リキッドチャージは「中央の穴」を避けリキッドを注いでください。

中央の穴にリキッドが入るとジュルります。気をつけましょう。

今回は、プルームテック専用リキッド『プルリキ』を注いでみました。

純正カプセルの味を再現したリキッドなので、純正の味が好きな方におすすめです。

▼プルリキについてはこちらをご覧ください

詳しくは→『プルリキ』をレビュー!カプセルの味を再現したリキッド

小窓によって、リキッド残量が一目でわかる安心さ。

新品アトマイザーの場合、リキッドを注いだ後、しばらく放置しましょう。

コイル(コットン)にリキッドを馴染ませるためです。

カプセルを取り付け、プルームテックバッテリーに装着します。

おぉー、やはり短い!

この調子でコンパクトタイプをもっと発売してもらいたい(笑)

思いのほか、見た目がいいな。

純正カートリッジ装着済みのプルームテック(ホワイト)と比較するとこんな感じです。

明らかに短いです。

コンパクトになって、見た目はいい感じですが、吸いごたえはアップしているのでしょうか?

では、吸ってみます。

 

ミニプルブーストを実際に使ってみた感想

吸ってみた感想は、確かに吸いごたえがアップしています。

純正プルームテックと比較すると「ミスト量、吸いごたえ」が2倍ほどアップ。

マジか・・・。

ミニプルブーストは、小さく見えて、凄いヤツだった。

他の互換アトマイザーを購入するくらいなら、ミニプルブーストのほうがいいかな。

キックがあるから満足度が高いです。

ただ純正プルームテックや他の互換アトマイザーと比べての話です。

プルームテックプラス 新カラー(リラックス・スカイブルー)マウスピース

確かにプルームテックプラスのほうが吸いごたえがある。なので、プラスをお持ちの方には必要ないかもしれません。

まぁでも、ミニプルブーストはコンパクトなんですよ!

プラスでは刺激が強すぎる。だけど、プルームテックでは物足りない。

そんな方が試すにはちょうどいい互換品だと思います。

 

 

まとめ

互換アトマイザーのメリットは、プルームテック・カートリッジ『再生方法』の手間から解放されます。カプセル余りの問題を解消。

リキッドを注ぐだけで使用できることも魅力的ですね。

ミニプルブーストをまとめると。

・コンパクトで持ち運びが快適。

・純正プルームテックに比べ吸いごたえアップ。

・ミスト量は多い。

・カプセル余りの心配がなくなる。

こんな感じかな。

ぶっちゃけ、プルームテックプラスほどの吸いごたえや満足感はありません。

なのでプルームテックを吸われていて、あとちょっと刺激がほしい。

そのような思いをされているプルームテックユーザーには、ミニプルブーストが手軽でおすすめです。

互換アトマイザーの中では、今のところ一番かな。

では、また。

関連記事ミニプルスターターキットをレビュー|プルリキセットがチョー【お得】

 




×