PloomTECH Vaporizer

Ploom S(プルームエス)のたばこスティックをヴェポライザーで吸ってみた!200℃超えると美味しくない

ヴェポライザーとメビウススティック

 

こんにち、スッキーです。

プルームエスの専用たばこスティック「MEVIUS(メビウス)」をヴェポライザーで吸ってみました!

プルームエスは加熱温度が200℃になっています。なのでアイコスやグローの約300℃の加熱温度と比較するとキック感が弱い。

ぼくは紙巻きたばこ(1㎎)を吸っていたので、あまり違和感を感じませんが、強めの紙巻きたばこを吸っていた方では物足りないかもしれません。

そこで加熱温度が調整できるヴェポライザーで、たばこスティックを吸ってみると、どうなるのか?

果たして、美味しいのか?キック感はアップするのか?

さっそく、吸っていきます。

 

▼使用するヴェポライザーレビューはこちら

大人気ヴェポライザー『WEECKE C-VAPOR3』をレビュー!タバコ代を1/5に節約

続きを見る

ヴェポライザーOval 本体
ヴェポライザー「kingtons Oval 」をレビュー!コンベクション方式で濃厚な味を楽しみながら、たばこ代も節約

続きを見る

 

ヴェポライザーでたばこスティックを吸ってみます

ヴェポライザーとメビウススティック

まずヴェポライザーは、大きく分けて2つのタイプに分かれます。

加熱方式

コンダクション ☞ たばこ葉を直接加熱するタイプ。

コンベクション ☞ 温めた熱風をたばこ葉に通すタイプ。

コンダクションタイプに比べ、コンベクションタイプは、熱風によりたばこ葉をムラなく加熱するのでクリアで濃厚な味を楽しめます。

そして、コンベクションタイプはチャンバー内が汚れにくいので、クリーニングが簡単です。

WEECKE C-VAPOR3.0 は、たばこ葉を直接加熱するタイプになります。

Kingtons Oval は、温めた熱風をたばこ葉に通すタイプ(熱対流)になります。

 

専用たばこスティック(メビウス)をカット

専用たばこスティック(メビウス)

専用たばこスティックをカットしていきます。

専用たばこスティックを切った

こんな感じでたばこスティックの1/3程度のところをカット。

専用たばこスティックを半分にカット

更に、たばこスティックを半分にカットします。

専用たばこスティックをスペーサーに入れてみたWEECKE C-VAPOR3.0には専用スペーサー(別売り)や専用ケースが販売されています。

 

▼専用スペーサー&ケースレビューはこちら

C-VAPOR専用スペーサーケースアイキャッチ
C-VAPOR3.0 スペーサー専用ケースをレビュー!超便利なアイテムが降臨した

続きを見る

 

カットした、たばこスティックをスペーサーの中に入れます。

グリセリンを垂らす

ぼくはグリセリンを垂らす派なので、グリセリンを1滴or2滴、たばこスティックに垂らします。

※グリセリンを大量に垂らしてしまうと故障の原因になるようです。注意してください。

専用たばこスティックのフィルターをカット

せっかくなので、たばこスティックのフィルターも使用します。

ヴェポライザーにフィルターを挿入

スペーサーを挿入後、フィルターも入れました。

C-VAPOR3.0で吸ってみます

コンベクションタイプの「WEECKE C-VAPOR3.0 」で吸っていきます。

加熱温度230℃で吸ってみました。

味については・・・マズっ(汗)

メンソールだからなのか?ぼくの個人的な意見は、ハッキリいっておいしくないです。

たばこスティックのいい味が失われています。じゃっかん焦げ臭いような感じ。

あの加熱式たばこ特有のにおいも増しているような?

ただキック感は、強い!

刺激は格段にアップしていますね。けっこうな吸いごたえを感じますよ。

どうなんだろ?この感じ好きな人は好きなのかもしれませんが、ぼくには合わないかな。

吸い殻の焦げ具合

吸い殻を分解して中身を確認

吸い殻はこんな感じ。左が「C-VAPOR3.0」右が「プルームエス」の吸い殻です。

こうやって比較してみると、たばこ葉の焦げ具合が違いますね。プルームエスに比べ、ヴェポライザー(230℃)の場合、たばこ葉が黒くなっているのが分かります。

次はヴェポライザーを変えて吸ってみます。

Kingtons Ovalで吸ってみます

オーバルで吸ってみた

コンベクション(熱対流)方式の「Kingtons Oval」で吸ってみます。

加熱温度220℃で吸ってみました。

味については・・・青臭い・・・

コンベクションタイプは、けっこうクリアな味でたばこ葉本来の甘みや香りを味わえるんですが、加熱式たばこのスティックって、やっぱシャグとは違いますね。青臭い感じです。

キック感については、C-VAPOR3.0 ほどではないですが、プルームエスよりは刺激がアップしています。

でも、おいしいとは思えないです。少なくともぼくは。

吸い殻を分解

吸い殻はこんな感じです。

やはりC-VAPOR3.0で吸った後の吸い殻が、一番焦げています。

プルームエスに比べ、加熱温度を30℃上げただけでもこうなるので、専用たばこスティックをアイコスで吸ってみると、もっと焦げ臭いのかもしれませんね(汗)

 

たばこスティックをヴェポライザーで吸ってみた感想

アイコス、グローの加熱温度(約300℃)に対し、プルームエスは200℃となります。

ヒートスティック(アイコス)やネオスティック(グロー)などは、本体の加熱温度(約300℃)に合わせて作られているので、ヴェポライザーで吸ってもおいしく吸えますが、加熱温度が200℃のたばこスティックは、200℃を超えるとあまりおいしいとは思えません。

やはりプルームエス専用だなって思いました。

ちなみに全種類のたばこスティックを試してみましたが、メンソールタイプはおいしくないです(汗)

まだレギュラーテイストが一番マシだと思う。

 

ただ1つだけ、メリットがあります。

ヴェポライザーで吸ってみたけどおいしいじゃん。この味アリなんだけど。と思われた方は節約に繋がります。

たばこスティックを半分にカットしますので、1箱20本入のたばこスティックが40本になるようなものです。

なので、たばこ代を節約することは可能ですよ!

 

まとめ

プルームエスのたばこスティックをヴェポライザーで吸ってみましたが、正直おいしいとは言えません。ぼくは。

専用たばこスティックは、普通にプルームエスで吸うのが一番だと思いました。メビウスの良さもなくなってしまう感じ。

まぁ~好みの問題なんでね。あくまでもぼくは合わなかった。なので好きな人には、好きな味なのかもしれません。

この味でもいいなっ!と思われる方は、節約にも繋がりますよ!

では、また。

 

>購入先はこちら<

 

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.