IQOS3デュオ・gloハイパー・PloomS2.0|3社の最新加熱式タバコの特徴【まとめ】

こんにちは、スッキーです。

2020年4月に改正健康増進法が完全施行されました。

それにより喫煙者を取り巻く環境が劇的に変化したけど、紙巻きたばこは吸えないが、加熱式タバコなら吸える、加熱式ブースの申請が増えているみたい。

それもあってか、加熱式タバコに移行される方も多いと思います。

でも、次から次へと最新の加熱式タバコが登場してくるので、どれを買えばいいのか、迷っちゃいますよね。

そんな方に少しでも参考になればと思います。※あくまでも個人的な意見になります m(_ _)m

 

加熱式タバコとは?

加熱式タバコは、たばこ葉を燃焼させずに加熱して使用する電子タバコです。

たばこの葉を電気の力で加熱し、温められた際に発生する”蒸気”を吸引するためのデバイスで、紙巻きたばこと同様にニコチンを摂取します。

加熱式タバコの特徴は、火を使わないから”タール”の発生を抑えられるのが最大の特徴と言えるでしょう。

また、火を使わないから火事が起きない、灰が出ないから汚れない、というメリットもありますね。

そんな加熱式タバコは、大きく分けると2種類に分かれます。

  • 高温加熱型(吸いごたえは強くなるがニオイも強くなる)
  • 低温加熱型(吸いごたえは弱いがニオイも弱くなる)

このように2種類のタイプに分かれる加熱式タバコですが、メーカーによって「性能・喫味・ニオイ」などの特徴が異なりますよね。

それでは、大手3社から発売されている、最新の加熱式タバコを見ていきましょう。

 

IQOS3 DUO(アイコス3 デュオ)

アイコス ヒーツ グリーンを吸ってみた

フィリップモリス・ジャパンから発売されている、最新の加熱式タバコはアイコス3デュオです。

2本連続使用が可能になったアイコス3の後継機。

 

そんなアイコスには2種類の専用タバコが存在します。

アイコス専用フレーバー

  • マールボロ(Marlboro):1箱520円
  • ヒーツ(HEETS):1箱470円

2020年6月時点では、期間限定3種類を含めたマールボロシリーズが12種類。

ヒーツシリーズが8種類、計20種類を発売しています。

 

スペック

※タブで切替できます。





サイズ・φ14.42x92.27(ホルダー)
・46.3x22.88x114.7(チャージャー)
重量・22g(ホルダー)
・108g(チャージャー)
喫煙本数・20本
喫煙時間・6分or14パフ
充電時間1分50秒(ホルダー)
・120分(チャージャー)
充電ポート・USBタイプC
特徴2本連続使用可能
充電時間短縮
・Bluetooth:〇
サイズ・φ14.42x92.27(ホルダー)
・46.3x22.88x114.7(チャージャー)
重量・22g(ホルダー)
・103g(チャージャー)
喫煙本数・20本
喫煙時間・6分or14パフ
充電時間・3分30秒(ホルダー)
・120分(チャージャー)
充電ポート・USBタイプC
特徴・Bluetooth:〇
サイズ・φ15.04x93.6(ホルダー)
・51.2x21.86x112.5(チャージャー)
重量・20g(ホルダー)
・100g(チャージャー)
喫煙本数・20本
喫煙時間・6分or14パフ
充電時間・4分10秒(ホルダー)
・120分(チャージャー)
充電ポート・microUSB
特徴・Bluetooth:☓

関連記事2本連続可!IQOS 3 DUO(アイコス3デュオ)レビュー|新色ルーシッドティールを買ってみた

関連記事【HEETS】フレッシュ・パープルとシトラス・グリーンを吸ってみた感想【フレーバーメンソール】

 

 

glo hyper(グローハイパー)

glo hyper KENT(メンソールを吸ってみた)

ブリティッシュアメリカンタバコ・ジャパンから発売されている、最新の加熱式タバコはグローハイパーです。

従来品の専用タバコを太くし、吸いごたえをアップさせた製品。

 

そんなグローハイパーには2種類の専用タバコが存在します。

グローハイパー専用フレーバー

  • ネオ(neo):1箱500円
  • ケント(KENT):1箱470円

2020年6月時点では、ネオシリーズが6種類。

ケントシリーズが3種類、計9種類を発売しています。

また、グローハイパーは、スティック形状が変更されたので、従来品のスティックを使うことができません。お間違えの無いように。

 

スペック

※タブで切替できます。




サイズ・82 x 45 x 22mm
重量・約106g
喫煙本数・20本
喫煙時間・通常(4分)
・ブースト(3分)
充電時間・約90分
充電ポート・USBタイプC
加熱時間・通常(20秒)
ブースト(15秒)
サイズ・82x43x21mm
重量・約98g
喫煙本数・20本
喫煙時間・通常(4分)
・ブースト(3分)
充電時間・約90分
充電ポート・USBタイプC
加熱時間・通常(20秒)
・ブースト(10秒)

関連記事glo hyper(グロー・ハイパー)オレンジ レビュー|驚きの吸いごたえとは?

関連記事【新発売】glo hyper(グロー・ハイパー)全9種類のフレーバーを吸ってみた感想

 

PloomS 2.0(プルームエス2.0)

プルームエス(キャメル)メンソールレッドを吸ってみた

JTから発売されている、最新の加熱式タバコはプルームエス2.0です。

新加熱モードを搭載し、メンソール特化型となったプルームエスの後継機。

 

そんなプルームエス2.0には2種類の専用タバコが存在します。

プルームエス専用フレーバー

  • メビウス(MEVIUS):1箱490円
  • キャメル(CAMEL):1箱460円

2020年7月時点では、メビウスシリーズが4種類。

キャメルシリーズが4種類、計8種類を発売しています。

 

スペック

※タブで切替できます。




サイズ・56x93x25mm
重量・約106g
喫煙本数20本
喫煙時間4分30秒 or 14パフ
充電時間約60分
充電ポート・USBタイプC
加熱モード・通常
テイストアクセル
サイズ・56.3x93.2x24.5mm
重量・約95.1g
喫煙本数・10本
喫煙時間・約3分30秒(14パフ)
充電時間・約90分
充電ポート・microUSB
加熱モード・通常

関連記事【実機レビュー】プルームエス 2.0 を使ってみた感想|メンソール特化型の実力とは?

関連記事【プルーム・エス】8種類のたばこスティックを吸ってみた感想!気になるフレーバーの味レビュー

 

【各社】加熱式タバコの特徴!

次から次へと最新の加熱式タバコが発売されますが、結局、どれを買えばいいのか?

個人的な意見になりますが、実際に使ってみたデバイスの特徴をまとめてみました。

加熱式タバコ選びに迷っている方に少しでも参考になれば幸いです。

  1. 価格
  2. 喫味
  3. 匂い
  4. 掃除
  5. 使いやすさ

 

価格が高いのは?

  • アイコス3デュオ(9,980円
  • グローハイパー(3,980円)
  • プルームエス2.0(3,980円)

スターターキットの価格は、アイコスが一番高いです。

値段で選ぶなら、3,980円のグローハイパーやプルームエス2.0ですね。

お求めやすい価格設定だし、グローハイパーなんて2,000円OFFキャンペーンとか開催するので、ハッキリ言って安いと思う。

アイコス専用タバコ・マールボロ(520円
・ヒーツ(470円)
グローハイパー専用タバコ・ネオ(500円)
・ケント(470円)
プルームエス専用タバコ・メビウス(490円)
・キャメル(460円)

それに、アイコスは本体だけでなく専用タバコも高いです。

少しでも節約したい方はヒーツを吸ったほうがいい。50円の差って大きいですよ。

 

喫味が強いのは?

  1. アイコス
  2. グローハイパー
  3. プルームエス2.0

喫味については、アイコスがナンバーワン。紙巻きたばこに近い吸いごたえを実現しています。

味の出し方が上手というか、吸いごたえがあり、最後までフレーバーの味わいを楽しめます。その辺りはズバ抜けていますね。

グローハイパーやプルームエス2.0も進化して吸いごたえがアップしたけど、アイコスほどタバコ感は強くありません。

強めの紙巻きたばこを吸われていた方は、アイコスが一番合うかも。

 

匂いが抑えられているのは?

  1. プルームエス2.0
  2. グローハイパー
  3. アイコス

加熱式タバコ特有の「匂い」が抑えられているのは、ダントツでプルームエス2.0です。

完全に匂いがなくなったわけじゃないけど、臭くない。

プルームエスは、高温加熱型の独特な匂いを極限まで抑えた製品だと思う。

個人的にアイコスの匂いが一番キツイかな。

従来品に比べたら、グローハイパーも匂いが抑えられていますが、それでもグロー臭は健在です。

ちなみに、加熱式タバコの匂いは吸っていると慣れてきます。

たぶんアイコスやグローを吸われている方は、匂いも気にならないんじゃないかな。

 

掃除がラクなのは?

  1. プルームエス2.0
  2. グローハイパー
  3. アイコス

クリーニングについては、プルームエス2.0が一番ラクです。

プルームエス(従来品)から使用していますが、ブラシや綿棒をほとんど使ったことがありません。あまり汚れないんですよね。

グローハイパーはニコ汁のようなものが本体底部のカバーに付着するので拭き取ったりします。

加熱ブレードのアイコスは面倒だと思います。

何本か吸っていると汚れが付着するので、ブラシや綿棒を使いますが、付属している綿棒がすぐになくなる・・・。

面倒だし、ランニングコストはかかりますね。

 

使いやすさは?

どのデバイスも使いやすいと思います。

プルームエス2.0も進化して「20本」吸えるようになったので、喫煙本数は変わりません。

操作については、3種類とも電源ボタンを長押ししたりするだけ。使い方は簡単です。

クリーニング方法が異なるので、多少メンテナンスが面倒かな。

それくらいで3種類ともデバイス性能は同じような感じだし、デバイスを比較しても、分離タイプか一体型かの違いくらい。

一番重要なのは、各社から発売されているフレーバーの喫味ですね。

自分に合ったフレーバーなら、少し匂いがきつくても、吸いごたえが弱くても我慢できると思います。

 

まとめ

加熱式タバコを選ぶとしたら、以前吸われていた紙巻きたばこメーカーのデバイスを購入されてもいいかもしれませんね。

僕はメビウス(紙巻き)だったので、やっぱりプルームシリーズの味わいが一番好きです。

喫煙者を取り巻く環境がだいぶ変化しましたが、加熱式タバコで乗り越えられればいいな。

個人的には、加熱式ブースが当たり前になって、以前と変わらず居酒屋などでタバコを吸いながらビールを飲みたいです。

では、また。

 


© 2020 TabaNavi(タバナビ)