RDA Vapefly

【Vapefly】HOLIC MTL RDAをレビュー!MTLの中でかなり美味しく味が出る

こんにちは、スッキーです。

今日は、Vapefly(ベイプフライ)HOLIC(ホリック)MTL RDA」のレビューです。

人気ユーチューバー Horick TVこーへいさん」と「Vapfly 」が共同開発したコラボモデル。

GALAXIESのデッキをベースにユニークエアフローシステムを採用したMTLアトマイザーです。

こーへいさんの要望でバイクのピストンをモチーフにしたデザイン。

なんでもMTLタイプの中でTOP3に入ると評されているので、おいしさ抜群なのかな?

さっそく、レビューします。

商品提供:VAPONAVI

 

VAPONAVI ポストがゴールドメッキ仕様!

Vapfly Holic MTL RDA 予約受付

VAPONAVI(ヴェポナビ)さんでは、日本限定モデルを取り扱っています。

日本限定モデルは、ポストが24金のゴールドメッキ特別仕様。豪華ですね。

ゴールドメッキ仕様のポストに興味がる方は、ヴェポナビさんで購入しましょう。

VAPONAVIで探す

 

Vapefly HOLIC MTL RDA

こちらがパッケージと予約特典のコットンです。

歯車とバイクのピストンをモチーフにしたアトマイザーデザインの横には、HORICK TVのロゴ。

いやぁー、コラボ商品は、カッコいいですね。

スライドさせて内箱を取り出します。

内箱をパカッと開くとHOLIC MTL RDAが登場です。

こーへいさんからのメッセージカードが付属していました。

今回は Vapefly と Horick TVとのコラボモデル第二弾「Horick MTL RDA」を購入して頂き本当にありがとうございます。
今回のコラボモデルは前回とは違い最初からコラボRDAと言う形で制作いたしました。味・デザイン共に最高のRDAに仕上がったとおもいますのでこのアトマイザーでより一層 VAPE LIFE を楽しんで頂けると嬉しいです。

ありがたいお言葉ですね。VAPE LIFE を楽しみます。

ちなみに、メッセージカード(裏)は英語で書かれています。

付属品はこちら。

付属品

Holic MTL RDA 本体
Firebolt コットン
Ni80 26ga プレビルドコイル(1.0Ω)
ボトムフィードピン(BFピン)
ツール(ドライバー、六角レンチ)
スペアパーツ一式(Oリング、デッキネジ、エアフローパーツ)
ビューティーリング
ユーザーマニュアル
メッセージカード

スペック

直径22.2mm
高さ41.7mm(ドリチ含む)
材質ステンレス
ドリップチップ510(デルリン製)
スレッド510
コイルシングルコイル
エアフローサイドエアフロー(ボトム(デッキ)サイドエアフロー)

 

HOLIC MTL RDAの詳細

バイクのピストンをモチーフにしたデザイン。

シンプルなデザインですが、男らしさを感じますね。

トップキャップには、エアホールが6つ開いています。

反対側には3つのエアホールが開いており、両側から空気を取り込むか、片側だけで空気を取り込むか、調整できるようになっています。エアホールの細かさはVapeflyらしい。

・6つのエアホールの内、右半分を使用すると両側

・6つのエアホールの内、左半分を使用すると片側

豊富なドローの組み合わせが魅力ですね。

分解

大まかに分解すると「デッキ、トップキャップ、ドリップチップ」3つのパーツにわかれます。

ドリップチップ

ドリップチップはデルリン製。

吸い口がくびれています。咥えやすい形状ですね。

510規格のドリップチップなら交換可能です。

ドリップチップは、バリ処理されてキレイな仕上がり。

小さな穴のテーパータイプだからMTLに特化したドリップチップ。

このドリップチップを咥えてみましたが、フィッティング抜群でした。

トップキャップ

トップキャップ上部の構造が独特です。

ミストを逃がさないようにするためなのか、貫通していません。なのでドリップチップ底部と密着します。

トップキャップ裏は、中央の穴に向かってキレイなドーム型。

キャップ内は周り止めの溝加工もされています。

裏側もこだわりが見えるデザイン。味にはかなり期待できそうです。

デッキ

こちらが、シングルコイル前提のデッキ。

日本限定モデル、ポストが24金のゴールドメッキ仕様。マジでカッコいいです!

ジュースホールは、かなり確保されています。RDTAに近い感じ。

コイルを固定するには、六角レンチでイモネジを回して緩めてから固定してください。

コイル足が逃げないように加工されています。

デッキ中央の小さなエアホールはMTLに特化していますね。

あと、サイドエアホールが対角線上に2つ開いています。

この3つのエアホールでコイルを冷却します。

ちなみに、デッキに開いているサイドエアホール(2つ)は、調整可能です。

左の写真(矢印部分)をマイナスドライバーを使用して回すだけで全閉~全開までエアホールを調整できます。

Vapfly Holic MTL RDA 予約受付出典:vapefly.com

サイドを全閉にすることで、ボトムエアフローに早変わり。

Galaxies MTL RDAは、イモネジを微調整して何となくって感じでしたが、これならしっかり調整できますね。

簡単に調整することが可能です。

ポジティブピン

ポジティブピンは、かなり出っ張っています。

これならメカニカルでも使用できますね。

ちなみにSpruzza Squonk MODSTRIDE VR-80 MODに取り付けてみましたが、アトマイザーとMODの間に隙間ができました(汗)

あと、BFピンも付属していますので、交換することが可能です。

BFピンは、付属ツールのプラスを使用して取り付けましょう。

 

ビルド

カンタル1A 26G 2.5mm(1Ω)でビルドしてみました。

Horick MTL RDAは、コイルジグが付属しているのでうれしいです。

このようにコイルジグをデッキに固定すれば、簡単にコイルを設置することができます。

あと、イモネジを締める時には、ワイヤーを持ちながら固定しましょう。

コイルの高さはこんな感じ。コイルジグを固定すれば高さも決まります。

コイル足をカットする時には、トップキャップにワイヤーが触れないように短めにカット。

せっかくなので、もらったコットンを使用してみます。

コットンは、長めにカット。ジュースホール底部にあたるように設置しました。

 

MODに取り付けてみた

PULSE BF 80W MOD

iStick Pico X

Rader ECO 200W MOD

Lucid KIT

Armour Pro

 

使ってみた感想

まずシングルコイルデッキで、コイルジグを固定することが可能です。

なのでビルドは簡単!使い勝手はいいですね。

ドローについては、重そうだと思っていた大きなエアホールは意外に軽め。とは言えスカスカDLとまではいかない。重めのDLです。

トップキャップのエアホールを絞って片側だけ使用するとMTLって感じのドローにできます。

それでも満足しないようでしたら、デッキのサイドエアホールを閉めることで、ドローを重くできます。

ドロー調整は無限大なので、きっとあなたにあった好みのドローを調整できますよ。

MTLタイプの中でTOP3に入ると評価されている味については、確かに濃い味でおいしい。

ダイレクトな味を楽しめます。思いのほかミスト量は多いかな。

いやぁー、マジで美味しいな。

あと、ドリップチップは熱くないですが、チェーンしすぎるとトップキャップが熱くなります。

他のアトマイザーでもそうですが、唇をトップキャップに触れないように注意してください。

 

まとめ

Horick MTL RDAは、ドロー調整も自由自在。

好みのドローでおいしく吸えるアトマイザーです。

直径22mmだし。使い勝手がいい。

魅力的なアトマイザーなので、MTLタイプが好みの方にはおすすめです。

では、また。

ヴェポライザー専門店

★VAPONAVI

今売れてる人気ヴェポライザーを「売れ筋ランキング」で確認することができます。

専門店だからできる!初期不良保証・メーカー保証付き!

2,000円以上送料無料

>>VAPONAVIで予約

 

※タバコは20歳になってから。マナーを守って禁煙・節煙を。

Copyright© TabaNavi(タバナビ) , 2019 All Rights Reserved.